新潟のブランド豚は意外と多い? - ファームランド・木落 | 新潟のオーダーカット精肉店

つぶやき

新潟のブランド豚は意外と多い?

突然ですが、皆さんは新潟のブランド豚の名前をいくつ知っていますか?

スーパーなどで○○ポークや○○豚といった表示をよく目にすると思いますが、そういった豚肉は全てブランド豚なんです。
現在、新潟県だけでも10種類以上のブランド豚がいると言われており、日本全国では実に400種類以上にのぼると言われています。

そんなブランド豚の中でも、新潟で育てられている豚はどのくらいいるのか、その種類などを少し紹介します。

● 朝日豚(あさひぶた)
【新潟県 村上市】
肉質は細やかで、豚肉特有の臭みがない。
保湿性が高い肉質でありながら、ほどよく脂がのって水っぽさがない。
ほのかに甘く、クセがない 。

● 甘豚(あまぶた)
【新潟県 新潟市】
抗生物質を与えない飼育。
自家配合の飼料を与え、豚の出産から精肉の販売加工まで家族でしています。

● 越後あじわいポーク(えちごあじわいぽーく)
【新潟県 新潟市】
肥育期から抗生物質を与えない飼育。
とうもろこし、麦、さつまいもを与え育てられる。
ジューシーな赤身と脂身の甘み。

● 越後米豚 越王 (えちごこめぶたこしおう)
【新潟県 新潟市】
新潟の米を食べて育てられる。
さっぱりした食味とうま味。

● 越後村上岩船豚(えちごむらかみいわふねぶた)
【新潟県 村上市】
脂肪酸バランスが良く、ドリップが少ない。
ジューシーで軟らかな肉質。

● 越後もちぶた (えちごもちぶた)
【新潟県 新潟市・新発田市・関川村・弥彦村・燕市・長岡市・上越市・魚沼市・南魚沼市・津南町】
飼料はとうもろこしが主体。
肉質がきめ細やかで柔らかい。
臭みがなく、脂身にはかろやかな甘みがある。

● 北越後パイオニアポーク(きたえちごぱいおにあぽーく)
【新潟県 新発田市】
JAグループの豚肉として定められた指定配合飼料を与えられる。
肉質はきめ細かく締まりがよい。

● 越乃黄金豚(こしのこがねぶた)
【新潟県 村上市】
甘みのある良質な脂とやわらかくコクのある赤身。
ビタミンE、α-リノレン酸の含有率が一般的な豚肉より多い。

● 佐渡島黒豚 (さどしまくろぶた)
【新潟県 佐渡市】
放牧肥育で高タンパクな赤身と良質な脂肪が特徴。

● 純白のビアンカ(じゅんぱくのびあんか)
【新潟県 阿賀野市】
佐藤食肉とヤスダヨーグルトと長岡農場と連携し作り上げたブランド豚。
ビアンカとはイタリア語で「白」という意味で、ホエイの色や雪国新潟で育てられたという意味を込めて命名。

● しろねポーク (しろねポーク)
【新潟県 新潟市白根地区】
肉質が柔らかく、脂身に甘みがある。
豚肉特有の臭みがない。

● つなんポーク(つなんぽーく)
【新潟県 津南町】
まろやかでクセの無い脂身。
豚肉特有の臭みがない。

● 妻有ポーク(つまりぽーく)
【新潟県 十日町市・津南町】
子豚期から抗生物質を与えない飼育。
脂身の融点が低く、甘みがある。
肉質はきめ細やかで柔らかい。

いかがでしょうか?新潟だけでもこれだけの数のブランド豚が育てられ、全国の食卓で食べられています。

今回紹介した豚肉以外にもまだ新潟県内にブランド豚がいると思いますが参考にしていただけたら嬉しいです。

こうやって豚肉の特徴を並べてみると、正直なところ、味については似たような表現が多いといった印象ですが、食べてみると豚ごとに全然違うんですよね。

文章で伝えられるものにはどうしても限りがあると思います。
結局食べてみないことには違いも分からないと思いますので、是非ご自身で食べ比べて好みの豚肉を探してみてください。


(※資料参照 銘柄豚肉ハンドブック 2018 食肉通信社)

Date : 2020.02

有限会社ファームランド・木落

新潟県 越後妻有 銘柄豚「妻有ポーク」食肉加工品販売
  • 〒948-0304 新潟県十日町市木落1366-3 / TEL.025-761-1331 FAX.025-761-1577
  • 営業時間 8:00 - 18:00 (水・日 定休)
Copyright FARMLAND KIOTOSHI. All Rights Reserved.
Scroll